読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぐるま・タイムズ

組織の中でクルクルまわりながらキレイゴトを発信

プチイラスト講座をやってみて、ユーキャンさんにちょっと提案。

■ユーキャンのプチイラスト講座


これ、今年の冬に申し込んだ。1日30分×30日間で、かわいいイラストが描けるようになるよ!って講座。
www.u-can.co.jp


ねらったのは、この3つ。


①優しい先輩イメージ


後輩へのメモに、かわいいイラストを添えて優しい先輩のフリをしたい。


かつて後輩に感情丸出しで厳しくしちゃった反省から、せめて自分をソフトに見せる技を身につけようっていう・・・超打算的な動機です、はい。


②ビジュアル化スキル


去年、会社の研修で、グループごとに模造紙に考えを書いて発表!っていうのがあった。その時に、隣のグループのはイラスト入りですごく分かりやすかった。会社ビジョンの横に社長の顔が描いてあったり、手と手をつなぐ絵で社員の連携が表現されてたり。


で、私もこういうのできるようになりたい!!って。


③子供との楽しい時間


働く母だってスキルアップしたい!


でも、もともとわずかな子供との時間をこれ以上削りたくない。というより、本当はもっと子供と遊んであげたい。


子供と一緒に楽しめて、仕事にも役立つ、そんな都合のいい通信講座・・・。


イラストならギリギリ両方を満たせるか・・・!?って。


■やってみた結果


・・・完遂できず。無念。


レッスン30まであったけど、レッスン20で力尽きました。


1日30分のはずが、レッスン7くらいから30分じゃ終わんなくなった。1時間かかる。


1時間も絵、描いてられないってば!


絵が得意じゃない人の気持ちを考えて~。1日30分っていう手軽さが売りなのに、1時間かかる内容にしちゃダメでしょ。


以下、振り返り。


①優しい先輩イメージ


よく考えたら、市販のイラスト本でよかった。かわいいイラストが一つでも描ければ、それで十分って気づいた。こんなにお金と時間を使う必要はなかったな・・・。


②ビジュアル化スキル


あたり前だけど絵の種類がビジネスチックじゃないから、目的はほとんど果たせず。女の子の絵ばっかり描いててもね・・・。


③子供との楽しい時間


最初のうちは、子供も私の横で自由帳に同じ絵を描いて楽しそうだった。ま、3日くらいで飽きちゃったけど。


総括すると、ちょっと高い授業料だったかな。15,000円ナリ。


■そして考えた


ただ絵を描くだけじゃ、私にはムリだ。なんかもっとプラスαがあれば・・・。ねらい②に適うような・・・。ビジネスチックな文章を読んで、内容を図にしてみる講座とか・・・。


あ!それいいかも!


打ち合わせの時とか「つまりこういうことですよね」って、パパパッって図にしちゃう人ってかっこいいじゃん!


早速、本屋さんのビジネス書コーナーで探してみた。そういうスキルが身につきそうな本を。でも見つけられなかった。


検索しようにも、どんな言葉で検索したらいいか分かんなくて。


■ついに出会う


でも、ちゃんと出会えるもんです。


たまたま読んでた本の中で、この本が紹介されてた。

描いて売り込め! 超ビジュアルシンキング

描いて売り込め! 超ビジュアルシンキング

ビジュアルシンキング!?もしかして、私が求めてるのはこれか!?


早速アマゾンで中古本を注文。


うんうん!そうそう!こういうの、こういうの!って思いながら読んだ。頭の整理の仕方の勉強になった。


でも、もうちょっと実践的なのがいいかもなぁ。


再びアマゾンへ。「この商品を買った人はこんな商品も買っています」をサーチ。そして見つけた!!

[カラー改訂版]頭がよくなる「図解思考」の技術

[カラー改訂版]頭がよくなる「図解思考」の技術

実例もあるし、簡単な絵文字も載ってる。


あーこれだ!私が欲しかったの!!!


「箇条書きメモ」より「図解メモ」。


本の通りにフリクションボールを買った。今は、仕事でメモを取る時は、なるべく図にするようにしてる。


ちょっと図にできただけで、なんか嬉しくなっちゃう。


文章よりずっとずっと分かりやすい、気がする。
メモがレベルアップしたような、気がする。


図の力ってすごい!!


がんばろーっと!!


■最後に提案


私がユーキャンの社員なら、ビジュアルシンキング講座を企画するなぁ。今は右脳の時代みたいだしさ。


ビジネスシーンで使えるかわいいイラストもちょこっとだけ入れる。働くお母さんが子供と一緒にできるように。


そして、時間は1日30分を厳守!


どうでしょうか、ユーキャンさん。