読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぐるま・タイムズ

組織の中でクルクルまわりながらキレイゴトを発信

フミヤさん、私の人生に彩りをありがとう。

普段のできごと

■大人ロック


藤井フミヤさんのコンサートに行ってきた!


Fumiya Fujii CONCERT TOUR 2016 大人ロック


f:id:edamamesnack:20161023210940j:plain


息子さんがフジテレビアナウンサーになったフミヤさんです。あ、それで今、ちょっと世間に注目されてるから、不倫には気を付けてるって、MCで言ってた。文春さん載せないでね、だって!(笑)


今日はフミヤのことを書いちゃいます!

本当は「フミヤさん」って呼ばなきゃいけないけど、以下、親しみを込めて呼び捨てにさせてください。


■フミヤヒストリー


もうずっとファンなのです。


小学校6年生の時。遠足のバスのカラオケで、好きな男の子がチェッカーズを歌った。


涙のリクエスト


で、その声がフミヤにすごく似てた。


・・・ような気がした。


そんなきっかけでファンになって・・・早 25年。四半世紀。


中2でファンクラブに入った。まわりの友達がSMAPとかTOKIOとか言ってる中で、私一人だけフミヤ。


あすなろ白書の時代。って言っても若い人は知らないよね・・・。ドラマ。キムタクが出ててね、ブランコに座ってる石田ひかりのことを後ろからギュってして「オレじゃ、ダメか?」って言うの。その主題歌がフミヤの「TRUE LOVE」でした。トゥルルル~ン♪(あ、イントロです)


高校生の時、初めてコンサートに行った。しかも一人で。だってフミヤファンの友達なんていなかったから。勇気出したなぁ~!


会場に着いたら、たくさんお姉さんたちがいて「あぁ、世の中にはこんなにフミヤファンがいるんだぁ・・・!」ってなんか圧倒された。でも生フミヤは超かっこよかったデス。


大学生になって、一緒にコンサートに行ってくれる友達ができた。と思ったのもつかの間、大学を卒業する前に「私、ゆずの方が好き」と言って彼女はフミヤを卒業していった・・・(泣)


結婚式にはファンクラブ特典でフミヤからの電報をもらった!ちょっと会場がザワザワ・・・(笑)


26歳の時、これまたファンクラブ特典でコンサートの楽屋招待に当選。お菓子もらって握手してツーショットのチェキ!フミヤの瞳がキラキラしてたなぁ・・・。


■コンサート


コンサートには毎年行ってる。私の心の定点観測みたいなもの。


昔は、ただただ能天気に「フミヤかっこいいよぉ~!」ってはしゃいでた。でも、大人になると、コンサートで歌を聴きながら、ふと気づくと色んなことを考えてたり、思ってたり。


コンサートの間も新しい企画のことを考えちゃうくらい仕事が大好きな時もあった。


反対に、仕事の不満で心が埋め尽くされている時もあった。


座ってバラードを聞いてるうちに寝ちゃうくらい疲れてる時もあった。


仕事とは全然関係ないけど、本当に苦しくて、歌を聴きながら、ただただ涙が出てしまう時もあった。


ちなみに今回の私は、2時間半ずーっと笑顔だった。ほんとに楽しくて。もう、イヤなことはぜーんぶ忘れちゃう感じ!心の中に一つだけモヤモヤがあったけど、もういいや!!って。


コンサートの度に、その時の自分が刻まれてく。


■ファンであること


さて、私、今、いかにもフミヤに夢中です!って雰囲気で書いてるけど・・・実はそうでもなかったりする。


もう盲目的にフミヤ大好き!みたいなことはない。一つのツアーで何回もライブに行ったりしなくなった。ファンクラブの会報誌もあんまり読んでないし、テレビとかもチェックしてない。正直に言っちゃうと、フミヤの言動に感銘を受けたってこともあんまりない。


それってファンじゃないんじゃ?って言われそうだけど・・・ファンです!!


だって、コンサートに行くの、すごく嬉しい!


それと、事実として、私は人生のそれなりの時間をフミヤの歌を聴いて過ごしてきた。だから、私の中では、フミヤの歌に、コンサートに、それを聴いてた時代の私が刻まれてる。


楽しかった時も苦しかった時も。私が歩んできた過去がつまってる。四半世紀分。


だから、きっともう好きとか嫌いとかじゃなくて。深いところで、静かに支えられてるっていうのかな。フミヤというより、フミヤの歌に。そして、フミヤの歌を聴きながら生きてきたこれまでの自分に。


この巡り合わせに感謝しつつ、また来年!