読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぐるま・タイムズ

組織の中でクルクルまわりながらキレイゴトを発信

役員がくれた小さなきっかけを大きく広げてみせる!

会社の伸びしろ

■役員からのプレゼント


役員がある時、英語の雑誌をドサッと持ってきてくれた。


うちの部だったら誰か読むだろ、って言って。
うちは割と英語を使う部署だから。


その役員のところに届いた英語の業界誌。
Strategy Journal for CEOsって書いてあるのもある。
もしかして庶民じゃ読めないやつ!?


「ご自由にご覧ください」って、空いてるデスクの上に並べてみた。
でも、パラパラ眺める人はいても、じっくり中身を読む人はいなかった。


よし!これ私がもらっちゃおう!


しばらくしてから、私は雑誌の束をドサッと家に持って帰った。


■朝時間


私は毎朝4時に起きてる。
4時から6時までは自分の時間。


なんて言うと、意識高いビジネスパーソンみたいでしょ!
実際は、子どもに合わせて超早寝だから朝も早いってだけ。


で、この朝時間に雑誌たちを読むことにした。
2時間ずっとだと、疲れちゃうから、1時間だけ。
途中で眠くなっちゃった時は30分だけ、いや、10分だけの時もある。
(基本、自分に甘い・・・笑)


読んでみたら、すごくおもしろい!
経営者向けっていうのもあって、業界全体の流れとか
世界中の会社の戦略とかコンセプトとか、話のスケールが大きい。


すごい!すごい!
こんなに世の中って動いてるんだ!
他の会社はこんなこと考えてるんだ!って。


私はずっと技術部門で、部品の品質がどうとかこうとか
細かいことばっかりやってて、業界のこと全然知らなかったから。
とにかく読む記事、読む記事、どれもがすごく新鮮だった。


■「質から量への転化」の法則


ここでちょっと脇道にそれて、本の話。


未来を予見する「5つの法則」

未来を予見する「5つの法則」

タイトルの通り、これから世の中がどうなっていくのか、
おおまかな流れを予見するための法則が5つ載ってる。


そのうちの一つにこういうのがある。

「質から量への転化」による発展の法則
「量」が、一定の水準を超えると、「質」が、劇的に変化する。

例えば、こんな感じ。

  • 水の温度が上がって100℃を超えると、液体から気体に質が変化する。
  • 製品のシェアがあるレベルを超えると、加速度的にその製品が売れて市場を独占する。
  • SNSのユーザー数があるレベルを超えると、急速に広まる。

この法則に則って私は勝手にこう思ってる。


知識も一定量を超えると、ある時から色んな断片が頭の中でつながって、
新しい世界が見えてくるはず!


つまり・・・


今まで何も知らずに来ちゃったけど、ちょっとずつでも雑誌を読み続ければ、
ある時から、これからの業界の流れとか、うちの会社の取るべき戦略とかが
パッと頭の中に描けるようになるはず!!!


なーんて!
ちょっと、いや、だいぶ大きく出ちゃった!
でも、ここは法則を信じよう。


■発信


というわけで、この半年くらい英語の業界誌を読んでる。


で、もともとはうちの部のためにもらった雑誌だから
1冊読み終わるごとに、内容をまとめて
部内のキーパーソン的な人たちにメールで送ってる。


ちょいちょい印象に残った英語をそのまま入れたりして。
"Explore bold new ideas!"とか。


みんなー!
世の中はこんなに動いているみたいだよー!
うちの会社も現状維持から脱却しよー!


ってメッセージを込めて。


ちゃんと読んでくれて、返信をくれる人も、少しだけどいる。
だから、ちょっとずつ配信先を増やして行こうかなって思ってる。


ここでも質と量の法則。
想いを共有する人が一定数に達したら、
うちの部も、会社も大きく変わって行くはず!


■その先へ


この間読んだ雑誌には、IT関係の記事があったから、
IT部門の先輩にも送ってみたの。


そしたら、この手の情報を集めて配信する情報キュレーションみたいなのが
社内にも必要だって考えてたとこだって教えてくれた。
今度、意見交換しよう、って。


情報キュレーション・・・?
まとめサイトみたいなやつのことかな・・・?
よくわかんないけど、なんだか良さそう!!


とりあえず、アマゾンで「キュレーション」で検索して、
本を一冊注文してみた。


また新しいことにつながるかもっ!
いや、つなげよう。