はぐるま・タイムズ

組織の中でクルクルまわりながらキレイゴトを発信

捨てることがこんなに苦しいなんて知らなかった

私は今、会社の新しい事業を考える部署にいる。 うちの部で、ずっと検討していたひとつの新事業があった。でも、それが既存の事業とかち合ってしまうことが分かって、うちの部の案件は断念せざるを得なくなった。役員同士で話し合った結果。 「捨てることが…

わたしの本棚を彩る本

わたしの名前は「本」 六本木の青山ブックセンターにフラッと入って買った本。家に読まなきゃいけない本が山積みになってるから「もうこれ以上買っちゃだめ、見るだけ!」って思ってたけど、やっぱり買っちゃった。 だって帯に「親愛なる読者へ。わたしはあ…

「行こう、どこにもなかった方法で」

蔦屋書店 珍しいなと思った。「私も読んでとてもいい本でした」って店員さんが言ったのが。蔦屋書店のトークイベント。ゲストは家電をメインに作ってるバルミューダという会社の寺尾玄(てらおげん)さん。イベントの最後に店員さんが寺尾さんの本をお薦めして…

ベトナム③ ベトナム人学生と祖国

ベトナム人学生 少し戻って、ベトナム研修のお話。気づけばだいぶ時間が経ってしまったけど、自分の記録のため。 私が、3週間派遣されていたのは人材紹介の会社。日本で働きたいベトナム人と、ベトナム人を採用したい日本企業をつなぐ仕事。そこで、日本で働…

脱・真面目で従順な組織人

読むのを躊躇してた本 有名企業からの脱出 あなたの仕事人生が?手遅れ?になる前に作者: 冨山和彦出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2016/10/27メディア: 単行本この商品を含むブログを見る去年の秋に発売された本。 冨山さんの本はだいたい発売されてすぐに読…

今年は量で勝負します。情報の量と思考の量。

お正月のカフェ 1月2日 朝10時。駅前のカフェに入った。のんきにクリーム山盛りココアを飲む私の横で・・・ 右隣の人は、参考書とノートを広げてお勉強。グラフを描いてた。左隣の人は、博士論文を読みふける。タイトルをこっそり見たけど、理解できる単語が…

グーグル予測の外へ出よう!って書こうと思ってたけど・・・

■本の紹介 今日は、この本を紹介しようと思ってブログを開いた。 弱いつながり 検索ワードを探す旅 (幻冬舎文庫)作者: 東浩紀出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2016/08/05メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見る読んだ時、そう!そう!そう!って思…

会社をサボった。それだけの価値はあった。

■月曜日、会社をサボった いや、ちゃんと有休を使ったんだけどさ。でも、いつもの休みとはちょっと違う。今まで、風邪とか、旅行とか、子供の学校の保護者会とか、ちゃんとした理由がある時しか休んだことなかった。でも月曜日は、ちょっと外の空気が吸いた…

ブツブツ文句を言いながら全力で選んだ日本のお土産たち

■会議のお土産 アメリカの会社との年に2回の会議。毎回ちょっとしたお土産を先方にあげるんだけど、それを用意するのは事務局の私。こういうの、総務部とかがやってくれるとありがたいんだけどなー。うちの会社はそういうシステムになってない。 毎回「私、…

落合陽一さんの本に導かれ、若き研究者たちの輝く瞳に出会う。

■魔法の世紀 アマゾンでこの本を買った。 魔法の世紀作者: 落合陽一出版社/メーカー: PLANETS発売日: 2015/11/27メディア: 単行本この商品を含むブログを見る単行本は2484円。Kindleならその半額、1200円くらいだった。紙の本と電子書籍の価格差がこんなにあ…

人の名前をちゃんと意識してる人はすごいと思う。

■背伸びしてトークショーへ この本の著者である宮台さんと蓑原さんのトーク&サイン会に行ってきた。 まちづくりの哲学:都市計画が語らなかった「場所」と「世界」作者: 蓑原敬,宮台真司,代官山ステキなまちづくり協議会出版社/メーカー: ミネルヴァ書房発売…

プチイラスト講座をやってみて、ユーキャンさんにちょっと提案。

■ユーキャンのプチイラスト講座 これ、今年の冬に申し込んだ。1日30分×30日間で、かわいいイラストが描けるようになるよ!って講座。 www.u-can.co.jp ねらったのは、この3つ。 ①優しい先輩イメージ 後輩へのメモに、かわいいイラストを添えて優しい先輩のフ…

理系社員だけど文系テリトリーに進出したい。

■そろそろ異動したい 同じ部署の先輩がもうすぐ異動するっぽい。 「一足先にオレはいなくなるから」ってさ。 うちの会社はだいたい3、4年サイクルで異動になる。 私も今の部署に来てもう4年だから、そろそろ異動したいなーって。 次は、理系のフィールドじゃ…

役員がくれた小さなきっかけを大きく広げてみせる!

■役員からのプレゼント 役員がある時、英語の雑誌をドサッと持ってきてくれた。 うちの部だったら誰か読むだろ、って言って。 うちは割と英語を使う部署だから。 その役員のところに届いた英語の業界誌。 Strategy Journal for CEOsって書いてあるのもある。…

上司からのエール

■上司と私 3年間お世話になった上司が異動になった。 はじめの頃は、ホントなじめなかった、上司に。上司はグイグイひっぱって行きたいタイプ。私は自分で自由にやりたいタイプ。 私は上司に干渉されるたびに心の中で怒ってた。なんなのよ!って。私だってち…

グチってないで立ち上がれ!脱・カイシャ村。

■偉い人はちやほやされたい? 私と先輩の会話。 私 :「偉い人たちって毎日、何考えてるんですかね?」 先輩:「ハッピーリタイアメント。いかに定年まで平穏に過ごすか。」 私 :「だからみんなイエスマンなんですか?」 先輩:「みんなもっと偉くなりたい…

「星のや 竹富島」と「田舎に泊まろう!」

■本から広がる世界 星のや。 星野リゾートのホテルブランド。ちょっと高級。 この本を読んでから、ずっと気になってて、 ついに行って来ちゃいました。 体験デザインブランディング コトの時代の、モノの価値の作り方作者: 室井淳司出版社/メーカー: 宣伝会…

本に書いてあることをやってみる1%の人であれ

■アイデアマンになるための本 私は、一応、企画と名の付く部署にいる。 だから、こういう本を読んだりする。 あ、ちょっとカッコつけちゃったかな。 アマゾンで「アイデア」で検索したの。 ザ・安易な私です。 考具 ―考えるための道具、持っていますか?作者:…

サラリーマン・ワールドの外で見つけたもの

■いきなりだけど和菓子 和菓子職人のユニット、wagashi asobi(わがしあそび)の稲葉さんと浅野さん。 お二人のトークショーに行ってきた。 この本の出版記念。 わがしごと作者: wagashi asobi出版社/メーカー: コトノハ発売日: 2016/04/15メディア: 単行本…

部長の皆さま、会議はセレモニーじゃないよー!

■そこにWILLはあるのかな? 半年に一度、取引先のアメリカの会社と偉い人同士の会議があって 私はその事務局をやってる。 双方、事業部長を筆頭に部長が10人ずつくらい出席する。 目的は両社の関係構築、ってとこ。 事業部長から未来志向の会議にせよ!って…

「もう1分たりとも後輩のためには使わない」と宣言した日

■後輩との出会い 一年半前のこと。チームに新しく後輩が入って、私はその後輩の育成係になった。 私 「将来どうなりたい?やりたい仕事とかある?」 後輩「うーん・・・キラキラしたいです!」 私 「・・・」 これが、ちょっとしたカルチャーショックのはじ…