読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぐるま・タイムズ

組織の中でクルクルまわりながらキレイゴトを発信

会社の外の世界

グーグル予測の外へ出よう!って書こうと思ってたけど・・・

■本の紹介 今日は、この本を紹介しようと思ってブログを開いた。 弱いつながり 検索ワードを探す旅 (幻冬舎文庫)作者: 東浩紀出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2016/08/05メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見る読んだ時、そう!そう!そう!って思…

会社をサボった。それだけの価値はあった。

■月曜日、会社をサボった いや、ちゃんと有休を使ったんだけどさ。でも、いつもの休みとはちょっと違う。今まで、風邪とか、旅行とか、子供の学校の保護者会とか、ちゃんとした理由がある時しか休んだことなかった。でも月曜日は、ちょっと外の空気が吸いた…

会社の外ばかり見てたら、社内で言葉が通じなくなってきた・・・。

■自己満だけど・・・ 私は、会社の外に出て、色んな人の話を聞くのが好き。知らないことを知るのはすごく楽しいし、世の中はこれからこっちの方向に行くんだな、っていうのが、なんとなく感じ取れる気がするから。気がする、だけだけど。 今回は、そうやって…

落合陽一さんの本に導かれ、若き研究者たちの輝く瞳に出会う。

■魔法の世紀 アマゾンでこの本を買った。 魔法の世紀作者: 落合陽一出版社/メーカー: PLANETS発売日: 2015/11/27メディア: 単行本この商品を含むブログを見る単行本は2484円。Kindleならその半額、1200円くらいだった。紙の本と電子書籍の価格差がこんなにあ…

人の名前をちゃんと意識してる人はすごいと思う。

■背伸びしてトークショーへ この本の著者である宮台さんと蓑原さんのトーク&サイン会に行ってきた。 まちづくりの哲学:都市計画が語らなかった「場所」と「世界」作者: 蓑原敬,宮台真司,代官山ステキなまちづくり協議会出版社/メーカー: ミネルヴァ書房発売…

大好きな本屋さんには政治的に中立であって欲しい

■代官山の蔦屋書店 私は代官山の蔦屋書店が好き。 そこで色んな本に出会って、私の世界を広げてもらってる。 近くに住んでるわけじゃないから、月に1回しか行けないけど、 毎回、お店に入った瞬間に「あー来てよかった!」って思う。 本屋さんのにおいかな。…

書を捨てて町へ出よ!仕事を抜けてこっそり建築模型ミュージアムへ。

■書を捨てて町へ出よ! これ、私の今年のテーマです。 行きたい!って思ったところには行く。 それだけなんだけど。 先週の水曜日、朝一番に社外で打ち合わせがあった。 9時から10時まで。 打ち合わせが終わったら、オフィスに戻らないといけないけど、 すぐ…

「星のや 竹富島」と「田舎に泊まろう!」

■本から広がる世界 星のや。 星野リゾートのホテルブランド。ちょっと高級。 この本を読んでから、ずっと気になってて、 ついに行って来ちゃいました。 体験デザインブランディング コトの時代の、モノの価値の作り方作者: 室井淳司出版社/メーカー: 宣伝会…

サラリーマン・ワールドの外で見つけたもの

■いきなりだけど和菓子 和菓子職人のユニット、wagashi asobi(わがしあそび)の稲葉さんと浅野さん。 お二人のトークショーに行ってきた。 この本の出版記念。 わがしごと作者: wagashi asobi出版社/メーカー: コトノハ発売日: 2016/04/15メディア: 単行本…